営業再開のお知らせ・6月1日より

こんにちは

四季之宿 鶴(KAKU)の主人・周吉です。

今日は5月24日(日曜日)です。昨日に引き続き朝からメッチャいい天気!お出かけには持って来いですね!ここ佐津海岸の穏やかな海も、朝の陽光に照らされて、キラキラと光り輝いております。

新型コロナウイルスの勢いも限りを見せてきて、どことなく気が緩んできたように感じております。

大阪・京都・兵庫の緊急事態宣言も解除となり、残るは関東の四都県と北海道だけとなりました。

緊急事態解除の報を受けて、当館も再開にむけて準備を進めております。

ゴールデンウィーク期間中の今回の出来事。この期間中にお客様をお迎えしなかった(出来なかった)ことは、当館始まって以来初めてのことで本当に苦しい思いでこの約2か月間「ステイホーム」で過ごしてまいりました。もちろん当館だけでなく、皆さん同じ思いをされていることだと思いますが・・・。

そしていよいよ6月1日より営業を再開いたします。

新型コロナウイルスが終息に向かっているとはいえ、まだまだ予断を許さない状況ですが、衛生管理をしっかり保ち、気を引き締めて再開いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

女将・若女将はじめスタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

四季之宿鶴(KAKU) 営業再開のお知らせでした。

感謝・香美町から『カミノマスク』

先ほど、地区の評議員さんが、『香美町からマスクの配布です』と、サージカルマスク20枚をもってきてくださいました。

 

昨日安倍首相が緊急事態宣言をさらに5月末まで延長する旨、発表されていましたね。中国・武漢から発症したというニュースから5か月たっても、正体不明、ワクチンも特効薬もない現在、いつまでこの新型コロナ騒動が続くのか?不安で不安で祥がありません。但馬最北端の田舎の民宿を営む我が家は、感染を防ぐため休業を余儀なくされており、開業以来初めてのGW来客数『ZERO』となり、当然収入も『0円』となりました。海水浴シーズンを迎える7月まであと二ヶ月、このウイルスが収まるのか?収まったとしても、国内旅行、レジャーに人が動くのか?海に人が来てくれるのかなど考えると、本当に不安でしょうがありません。

そんな中に『カミノマスク』配布の思わぬ朗報です。

安倍首相が布製マスクの配布を発表されてから約1ヶ月、未だ我が家に『アベノマスク』は到着しておりません。香美町独自の政策で貴重なマスクを町内全戸配布していただけ、浜上町長はじめ行政に携わる関係者の皆様、GW返上で配布くださいました区長さん、評議員の皆々様に感謝申し上げます。

貴重なマスク、大切に使わせていただきます。ありがとうございました。