畳を新調しました

今日は6月12日。少し蒸し暑く、梅雨を感じる朝です。

二十年近くそのままにしていた『畳』。流石に、長年の痛みが目立ってきていよいよ表替えを行う事に。ことわざにある『女房と畳は新しい方が良いの畳のみを実践。

色も焼けてきて、褐色状態に!確か青っぽいっ畳だった様に記憶している。畳のカスも多くなり、肌触りもカッサカサ。

飲み物のシミ汚れも気になります。

畳を剥がすと、コンパネが剥き出し状態。なんだか殺風景な部屋になり風でもひいたかの様である。

今回導入したのは、こちら。

抗菌・抗ウイルス加工が施してある『エバーグリーン』という畳。SIAAという抗ウイルス認定を受けている畳業界初となる抗菌畳だそうだ。

畳を入れ替えただけで、部屋がパッと明るくなりました!

これで現在考えうる新型コロナウイルス感染症への対策は、アルコール除菌、空気清浄機の設置、抗菌畳み導入など、安全にお客様をお迎えする準備が整いました。あとはお客様が戻ってきていただくことを待つばかりです。

緊急事態宣言が明け、海水浴シーズンが待ちどうしいですね!

和歌山田辺・南高梅

今日は6月9日。

1週間ほど前、長女の嫁ぎ先のご実家から『紀州南高梅』が届いた。高級な南高梅をいただき感謝です。

ご実家で栽培されているこの梅は、大粒で綺麗な南高梅である。しっかりとした青梅で、傷ひとつなく丁寧に選果されている。

早速、流水でさっと洗い、一つ一つ丁寧に水気とヘソ(芯)を取りながら果実酒ビン(味付けノリの空瓶)に一段入れては氷砂糖を入れ、又1段入れては氷砂糖を入れ、梅と氷砂糖のミルフィーユを作る。



最後の仕上げに果実酒リカーを溢れんばかりに注ぎ仕込み完了!

 

三年熟成させて、お客様の食前酒としてお出しします。たっぷりとお酒を吸った梅の実は、私の夜のおやつです!

ご実家のお父さんによると『まろやかで美味しい梅酒ができる』とのこと。今から楽しみです。

 

緊急事態宣言再延長による休業延長について

今日は6月1日。今年もはや6月。

昨年末から、新型コロナウイルス蔓延に伴い、度重なる緊急事態宣言の発令を受け、時短営業及び休業を余儀なくされております。

先月末までの休業をこの度の再延長でこの緊急事態宣言の間は、休業を行うことといたします。

いつまで続くの?再開してもお客様は来て頂けるの?など、さまざまな不安を抱えながら日々過ごしております。

その時が来るまでじっと我慢。とりあえずは、体調管理には十分注意し衛生管理・感染防止をしっかりと行い、流行り病にかからないように注意したいと思っております。

来月はいよいよ、さづ海岸海水浴場も海開きを行い、本格的な夏がやってきます。多くのお客様で賑わうことを切に願っております。